東海地区最安値の遺品整理




空き家の管理お任せください。
また空き家の管理でお悩みの方、ご相談ください。



空き家対策の前にまずは整理(遺品整理)を

全国的に空家が増加傾向にあり、県適切に管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等、地域住民の生活環境に影響を及ぼす事例が発生しています。

「特定空き家」の条件として、国土交通省4つの基準

①基礎や屋根、外壁などに問題があり、倒壊などの危険があるもの
②ごみの放置などで衛生上有害なもの
③適切な管理が行われておらず、著しく景観を損なうもの
④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切なもの

空き家対策特別措置法
空き家対策特別措置法”“空き家特措法”とも呼ばれる
「空家等対策の推進に関する特別措置法」が、平成27年2月26日に一部施行、5月26日に完全施行されました。
この法律によって、これまでは登記だけでは特定できなかった空き家の所有者を、施行後は固定資産税の納税記録を用いて特定できるようになりました。
確認作業の結果「特定空き家」であると判明した場合は、これまで6分の1に軽減されていた固定資産税が元の税率に戻る(=今までの6倍の額を支払う)ことになります。



空き家がもたらす悪影響

空き家の特徴 懸念される悪影響
全体の傾き、主要構造の腐食 倒壊による被害
屋根・外壁の剥離 飛散による被害
設備、門・塀の老朽化 脱落や倒壊による被害
浄化槽の破損、汚水の流出 衛生上の影響
ごみ等の放置、不法投棄 衛生上の影響、害獣・害虫の増殖
景観計画に不適合 景観上の影響
窓ガラスの破損、門扉の破損 不法侵入の危険
植栽の不整備 害獣・害虫の増殖、道路通行上の影響

介護施設の利用に伴う住居の整理


親が高齢になっても子供と同居する世帯は少なく、離れて暮らす子供が心配になって、または親が自ら子供に負担をかけないように、介護施設を利用する例がみられます。
高齢者比率が高まるにつれ、親が介護施設に入って実家が空き家になっていきます。



ベーシック東海では空き家対策の第一歩である
家財道具や不用品の片付けのお手伝いをさせて頂きます。
売却、賃貸、解体される場合でも、先ずは片付けから始めなければいけません。
下記フリーダイヤルよりお問い合わせ下さい。




空き家の管理お任せください。
また空き家の管理でお悩みの方、ご相談ください。



もったいないボランティアプロジェクト

   もったいないボランティアプロジェクト
まだ使えるのに捨てるなんてもったいないもの。
壊れていないけど不要となったもの。
そんな日用品の不要品、余剰在庫はありませんか?
もったいないボランティアプロジェクトへ寄付をお待ちしております。
世界中の恵まれない子供たちへの寄付活動に役立てます。



岐阜/名古屋の遺品整理:見積りは無料
 ベーシック東海QRコード
 ベーシック東海
 スマートフォンサイト
家電リサイクル券取扱店
 
2014年1月9日木
岐阜新聞掲載
独居支える安心感
岐阜新聞老後生活、生前整理 
拡大



岐阜県地区統括会員
 遺品整理士認定証
 
遺品整理推奨サイト